2018年5月18日金曜日

薔薇絵ダンス公演「大鴉」@SEVEN STARS hair design NAKANO BASE










2018年6月3日(日)薔薇絵ダンス公演「大鴉」
於: SEVEN STARS hair design NAKANO BASE
open PM6:30 start PM7:00 charge 3,000yen(with 1drink)
DANCE: 薔薇絵(DANCE, 衣装)
音楽: the Web 宮西計三(朗読, 歌, etc), 福岡林嗣(strings), ルイス稲毛(guitar), 南部輝久(percussion)
ヘアメイク: 京坂真里(SEVEN STARS hair design NAKANO BASE)
協力: SEVEN STARS hair design NAKANO BASE, アンティーク雑貨店AmanojaKu


June 3, 2018@SEVEN STARS hair design NAKANO BASE
open PM6:30 start PM7:00 charge 3,000yen(with 1drink)
ダンス:薔薇絵 Barae
音楽:the Web
宮西計三 Miyanishi Keizo(朗読, 歌, etc)
 福岡林嗣 Fukuoka Rinji(strings)
ルイス稲毛 Louis Inage (guitar)
南部輝久 Nanbu Teruhisa (percussion)

photo: 船木和倖

2018年4月5日木曜日

pro et contra / ST 20 MAY, 2018 ON SALE































pro et contra / ST 20 MAY, 2018 ON SALE

これは単なるカヴァー集ではない!そして「音楽」ましてや「芸術」でもない!「転用」ユニットpro et contra プロとコントラの1st album。本年2月23日の収録から時を置かず急遽発売。
北から北、北から来た、城から城、北から来ます…
今回は関西支部長Nasca Car、非常階段の中屋浩市を迎え、カラマーゾフの兄弟達の狂演が繰り広げられる。イツロウのサンプリングリズムを中核に、中屋浩市のテルミン&シンセサイザーが渦巻き、そして「街宣車の運転手」と自ら言い放つルイス稲毛のベースがしっかりとボトムを支える。その上、なんと福岡林嗣が楽器を持たずハンドマイクとシンバルのみでポエトリーリーディングを行う。
手術台の上でミシンと蝙蝠傘が出会ってから約一世紀半、石畳の下に砂浜を感じたパリの祝祭から丁度半世紀。
延々と反復するリズムに言語実験を積み重ね、時に三人同時に交錯する言葉と叫びは、相変わらず易々と自動運動する資本機械に簒奪され続ける現代の「音楽」「芸術」を丸裸にし、強烈に問い直す。
二十一世紀のパンクロック、或は振動する詩の呼吸によって繋がれる「音響機械」に貴方も接続せよ!

artist: pro et contra(プロとコントラ)
title:  pro et contra(プロとコントラ)
format: CD
label: Pataphysique Records / monochrome-vision-recordings
number: DD-017 / MVCD-007
price: 1000yen

TRACKS:
1.前口上〜神の裁きと訣別するため / Opening ~ Pour en Finir avec le Jugement de
Dieu from Antonin Artaud
2.マジック・メモ09 睡眠パーティー / Magick Memo 09 Suimin Party from Dowser
3.贈り物 / The Gift from The Velvet Underground
4.ロケットUSA〜フランキーの涙〜スペクタクルの社会 /Rocket USA ~ Frankie Teardrop ~ La Société du Spectacle from Suicide, Guy Debord etc 

Nakaya Дмитрий Kōichi (Nasca Car & Hijōkaidan): voice, theremin, synthesizer
Fukuoka Иван Rinji: poetry reading, percussion, sampler
Louis Алёша Inage: bass guitar
Itsuro Смердяков1×2_6: voice, sampler, keyboards

Miyanishi Фёдор Keizō (The Hundred Devils): sampled voice on “Opening” & “Magick Memo 09 Suimin Party”
Соня “femme fatale” Madoka (Yakouchu): off-stage bells on “The Gift”

Unknown girl: screaming on the top of “Opening

distributed by bridge




プロとコントラ pro et contra 1st album from Pataphysique Records on Vimeo.

2018年3月10日土曜日

Fukuoka Rinji, Michel Henritzi / Desert Moon 10 MAY, 2018 ON SALE





 これ以上ない大音響を内に懐胎した静寂…
人種、民族等の区分けに関係無く総ての人が共有する「インターナショナルなメランコリー」を体現し、2007年頃より活動を続ける日仏duoによる第5作目のアルバム “Desert Moon”は、世界、この惑星全体を覆うような時代の危機、21世紀初頭の集合的無意識を浮かび上がらせるかのような切迫したサウンドを今回は産み出している。

artist: Fukuoka Rinji, Michel Henritzi
title: Desert Moon
format: CD
label: Pataphysique Records
number: DD-16
price: 2200yen

1. Desert Moon
2. Song for Nico
3. Hungarian Snake Dance
4. Inside of the Penitence Box
5. Sombre Dimanche
6. Ballad of Josef K

distributed by bridge

 Desert Moonとのタイトル通り、哀しくシンプルなメロディとギターの持続音により1曲目が幕を開け、ニコに捧げた弦のトレモロと逆回転したオルガン風ループが渦巻き反復する2曲目、バルトーク風のリズム、旋律とヴォイスがマントラの如く多層的に錯綜する3曲目とジャンルを固定出来ない多彩な楽曲が続く。
 4曲目は「懺悔の箱の中」ピアノの内部奏法とエフェクトギターの轟音が西洋的秩序を破壊し、第一次、二次戦間期の有名なシャンソン「暗い日曜日」のカヴァーが続く。文字通り「暗く」歪みきった反復するメロディの上、福岡林嗣とゲストヴォーカル非常階段のJunko、そしてフランス在住スペイン人女性ミュージシャンDana Valserのポエトリーリーディングとスクリーミングヴォイスが重なる。
 終曲はフランツ・カフカに捧げたBallad of Josef  K。映画「審判」の永遠に続く巨大ビルの廊下のような迷宮世界で全48分弱は一先ず締めくくられる。

 10年以上継続されているこの福岡林嗣とMichel Henritziのduoは、ヨーロッパ、日本でのライブも数多く行われ、今作も含めた正規の5作品の他、ゲストのJunkoとのスプリットアルバム、イタリア人ミュージシャンLuca Massolinを加えたアナログ盤、ドイツレーベルよりのカセット作品等々が発表されている。今作Desert Moonは、それぞれのメインバンド「魔術の庭」「Dust Bleeders」でのパブリックイメージとは全く異なったアプローチで、スタジオで練り上げられ繊細なミックスと編集を施された楽曲達は、幅広くフリーミュージック、サイケデリック、現代音楽、民族音楽、コラージュ、ポエトリーリーディング等々の音楽愛好家にも強く訴求するであろう。

福岡林嗣
1991年~2008年Overhang Party 2008年~現在 魔術の庭両バンドのリーダーにして1994年よりPataphysique Recordsを主宰。他の参加、現在継続中のユニット多数。発表、参加作品も多数に渡る。ロック、フリーミュージックをベースにエンジニアリングもこなし各種楽器を操るマルチプレーヤーである。


Michel Henritzi
フランスはメッス在住。1984年カセットレーベルAKTを始める。Dust Bleedersのメンバーとして活動するほか、自主媒体を通じての音楽批評・レーベル主宰者として様々な表現に携わる。A Bruit SecretとTurtles’ Dreamの二つのレーベルを主宰し、秋山徹次、灰野敬二、向井千恵・福岡林嗣デュオ、友川かずき、三上寛等多くの日本人アーティストの作品をリリース。現在、白石民夫・Junko・秋山徹次・浦邉雅祥その他多数の日本人アヴァンギャルドミュージシャンとのヨーローッパツアーを企画、共演している。



福岡林嗣 & Michel Henritziディスコグラフィ
Outside Darkness 2011 PSF (Japan) CD
Le Jardin Bizarre 2013 An’archeives (France) CD
Descent to the Sun 2014 Bam Balam (France) LP
Dark Carnival 2016 Dyin’ Ghost Records (France) CD


福岡林嗣 & Michel HENRITZI
「Desert Moon・発売記念ライブ」
2018年4月17日(火)@大久保ひかりのうま
19:00開場 19:30開演 チャージ2000円+ドリンク
http://hikarinouma.blogspot.jp/
福岡林嗣 & Michel HENRITZI
穂高亜希子
望月治孝

FUKUOKA Rinji , Michel HENRITZI'Desert Moon’ Release Party
April 17, 2018@Ollubo Hikarinouma
open 19:00 start 19:30 charge 2000yen+drink
FUKUOKA Rinji(vocals, electric fiddle, etc), Michel HENRITZI(lap steel guitar, etc)
HOTAKA Akiko(vocals, guitar, piano)
MOCHIZUKI Harutaka(sax)




Fukuoka Rinji, Michel Henritzi / Desert Moon
May 10, 2018 ON SALE
Guest Vocal Junko (HIJOKAIDAN), Dana Valser on M4
artist: Fukuoka Rinji, Michel Henritzi
title: Desert Moon
format: CD
label: Pataphysique Records
number: DD-016
price: 2200yen

- Desert Moon
- Song for Nico
- Hungarian Snake Dance
- Inside of the Penitence Box
- Sombre Demanche (Gloomy Sunday)
- Ballad of Josef K

The silence conceiving the heaviest sound inside....
The 5th album "Desert Moon" made by the on- going duo of Japanese and French since 2007, expressing the "international melancholy", commonly shared by all the people without race, delivers the crisis of the time that may cover the entire world or even the entire planet with some intense sound which brings about the collective unconsciousness of the early 21st century.
As the title, Desert Moon, suggests, that it starts out with the prolonged sound of guitar and the sad simple melody on the 1st track, string tremolo devoted to Nico and the repetition spiraled organ- like loop in reverse on the 2nd track, followed with the 3rd track of where Bartok-like rhythm, melody and voice meet as mantra, and such undefinable various music continues.
The 4th track "Inside the Penitence Box" demolishes the western order with the roaring sound of guitar with effects and the piano's extended technique, leading to the next track of the cover, "gloomy sunday", the famous chanson from the time between the first and second World Wars. On top of the totally distorted repetitive "gloomy" melody as the word represents, Fukuoka Rinji, the guest vocalist of Hijokaidan's Junko, and the poetry reading and screaming voice of Dana Valser, the Spanish female musician living in France, come lay on top of each other.
The last song is "Ballad of Josef K" devoted to Frantz Kafka. With this labyrinth of maybe a ceaseless hallway of a huge building appeared in "the judge", this whole 48 mins-long closes.
This duo of Fukuoka Rinji and Michel Henritzi have been performing in Europe and Japan numerous times, and other than the official five works including this very latest, they have released a split with Junko who's a guest musician on this album, too, vinyl with an Italian musician, Luca Massolin, and cassettes from a German label and more in the last 10 or more years of them playing together. This album, Desert Moon, shows completely a different approach from the public image people may have towards "Majutsu no Niwa" and "Dust Bleeders" of their own projects, but those tunes delicately mixed and edited in a studio will reach widely to free music, psychedelic, contemporary music, traditional world music, collage, poetry reading and all the music lovers.

Fukuoka Rinji
The leader of Overhang Party in 1991- 2008, Majutsu no Niwa from 2008 and manages Pataphysique Records since 1994. He has played in various groups in the past and present. There are many releases and works he has participated. He does also engineering for rock and free music, and is a versatile player of various instruments.
Michel Henritzi
Guitars, lapsteel & amp. from noise to abstract blues. Member of noise unit dust breeders, mile of string & o death jug. Regular partner to Junko (hijokaïdan), Rinji Fukuoka (majustsu no niwa) & Kumiko Karino. played with Tetuzi Akiyama, aqui avec gabriel, Shinichi Isohata, Masayoshi Urabe, Chie Mukai, Jojo Hiroshige, Ito Atsuhiro, Mattin, Nihilist Spasm Band...



“Desert Moon” FUKUOKA Rinji & Michel HENRITZI 5th Album from Pataphysique Records on Vimeo.



2018年2月17日土曜日

ANLA COURTIS / KAWAGUCHI MASAMI / FUKUOKA RINJI | RAMEN EN LOS PARLANTES 2018.4.1. ON SALE


ANLA COURTIS / KAWAGUCHI MASAMI / FUKUOKA RINJI | RAMEN EN LOS PARLANTES 2018.4.1. ON SALE

アルゼンチンの伝説的エキスペリメンタル・バンドReynolsのリーダー、Anla Courtisと東京アンダーグラウンドシーンの2人のミュージシャンによる奇跡のコラボレイト。2015年1月、アンラ来日時に東京のスタジオで録音された音源がついにリリース。



artist: Anla Courtis 川口雅巳 福岡林嗣
title: RAMEN EN LOS PARLANTES スピーカーのラーメン
format: CD
label: Purifiva / Pataphysique Records
number: PCD-02 / DD-015
price: 2200yen

TRACKS
1- Los Glóbulos Necios 愚かな血球
2- Desmantelar 解体する
3- Un Algoritmo Boogie ブギーアルゴリズム
4- Pantanos de Pesto ペスト沼地
5- Hasta los lancheros siembran ボートマンでさえ
6- Azuzar Terrones シュガーラップ
7- Roperos de Luz 光のワードローブ
8- Los Melanesios que vuel 戻るメラネシア人

distributed by Bridge

アルゼンチンの伝説的エキスペリメンタル・バンドReynolsのリーダー、Anla Courtisと東京アンダーグラウンドシーンの2人のミュージシャンによる奇跡のコラボレイト。2015年1月、アンラ来日時に東京のスタジオで録音された音源がついにリリース。単に即興的なセッションでなく、爆音ノイズからミニマルな音響作品、民族音楽的アプローチからボーカル曲まで収録されたカラフルなサイケデリックアルバム。3人のメイン楽器であるギターのみならず、ピアノ、カリンバ、バイオリン、パーカッションなども使った演奏と、福岡の渾身のエンジニアリングにより、ライブでは再現不能な世界が構築されている。


“スピーカーのラーメン発売記念ライブ”@大久保ひかりのうま
Anla Courtis+福岡林嗣+川口雅巳 コサカイフミオ
3/1/19:00 open / 19:30 start / 2000yen+drink

●March 1, 2018(Thu) RAMEN EN LOS PARLANTES RELEASE PARTY@Okubo Hikarinouma
19:00 open / 19:30 start / 2000yen+drink
ANLA COURTIS / KAWAGUCHI MASAMI / FUKUOKA RINJI
FUMIO KOSAKAI



Anla Courtis
ブエノスアイレス出身。クラシックギター、ピアノ、音楽理論、コミュニケーション・サイエンスを学んだ後、Reynolsを結成。ソロでも世界各国をツアーし、様々なアーティストとコラボレーションを行っており、山本精一、河端一など日本のミュージシャンとの共演も多い。


川口雅巳
90年代初頭よりBroom Dustersを率いて東京のアンダーグラウンドシーンで活動を開始。その後みみのことへの参加を経て川口雅巳ニューロックシンジケイトを結成。灰野敬二の哀秘謡、Hardy Rocks、裸のラリーズのメンバーDoroncoのLos Doroncosにも参加している。


福岡林嗣
東京の最重要サイケデリックバンドの一つOverhang Partyのリーダーであり、現在はロックバンド魔術の庭を中心にソロでは頻繁にヨーロッパツアーなども行っている。またレーベル、パタフィジックレコードを運営、昨年宮西計三のThe Hundred Devilsをリリースした。


2018年1月12日金曜日

February 2018 3 days ogikubo club DOCTOR 6bodies60minutes6months VOL.3








































February 2018 3 days ogikubo club DOCTOR
6bodies60minutes6months VOL.3

2018.2.21(WED)
山﨑怠雅グループ(山崎怠雅, なるけしんご, 片野利彦)
川島誠×西沢直人

2018.2.22(THU)
川口雅巳+スズキジュンゾ+藤掛正隆
273秒(三浦真樹,  熊田央,  鈴木一奈美, 澤田知子)

2018.2.23(FRI)
プロとコントラ+中屋浩市(Nasca Car)
Garactic Abyss(Astro, 内田静男, 亀川千代)
各日開場19:00 開演19:30 料金¥2000+D 3日間通し券¥3000

2017年10月13日金曜日

Michel Henritzi & Fukuoka Rinji Europe Tour 2017 Autumn

Michel Henritzi & Fukuoka Rinji Europe Tour 2017 Autumn

15 October - Cave 12 (Genève, Switzerland)
http://www.cave12.org/

16 October - Lac (Chaux de Fond, Switzerland) + Will Nurdin
http://www.lac-cdf.ch/

17 October - L'Atelier de l'Etoile (Besançon) + Will Nurdin
https://atelierdeletoillestella.wordpress.com/

18 October - Ground Zero (Lyon) + Will Nurdin
https://www.grrrndzero.org/

19 October - Les Tanneries (Dijon) + Will Nurdin
https://tanneries.squat.net/

21 October – Vrijplaats (Leiden, Neitherlands)
https://www.facebook.com/events/132462597383818/

24 October - De Audio Plant (Antwerpen, Belgie)
https://www.facebook.com/deaudioplant/

25 October - Les Instants Chavirés (Paris) + Will Nurdin + Yves Botz/Bruno Fernandes
http://www.instantschavires.com/

27 October - Festival Densité (Fresnes-en- Woevre)
https://vudunoeuf.wordpress.com/densites/






Michel HENRITZI & FUKUOKA Rinji -Europe Tour Autumn 2017- from Pataphysique Records on Vimeo.

2017年10月12日木曜日

video: PRO ET CONTRA / “Experimental Poetry Reading” - 2 May 2017 club Doctor OgikuboTokyo -

PRO ET CONTRA
“Experimental Poetry Reading”  - 2 May 2017 club Doctor OgikuboTokyo -

Détournement
from The Gift / The Velvet Underground, Magick Memo 09 Suimin Party / Dowser, etc.

2017年5月2日 クラブ・ドクター 荻窪 東京
2 Nay 2017 club Doctor Ogikubo Tokyo

福岡林嗣 Fukuoka Rinji (Reading, Percussion)
ルイス稲毛 Louis Inage (CDJ)
Itsuro イツロウ 1×2_6 (Reading, Percussion)





PRO ET CONTRA “Experimental Poetry Reading” - 2 May 2017 club Doctor Ogikubo Tokyo - from Pataphysique Records on Vimeo.